5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【魔術】魔術修行しよう【カバラ】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 10:49:54 ID:zaqQjrUD
西洋魔術の修行、能力開発について。

 ∧∧
..(*゚∀゚)アヒャヒャ 魔術の修行、実践について語るのじゃ。




2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 10:55:58 ID:ZKM95Qc1
オカ板池

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 10:58:17 ID:g0oHtP9e
つか、エス板では理論面・研究面はおいといて
どんだけ楽しめるかでいいんじゃまいか

フィクションの中での魔術とかさ

修行・実践・研究でくくると、他板とかぶってくるし
もっと気楽にいこうYO

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 11:11:12 ID:zaqQjrUD
じゃあ、ここはラノベ、スピチュアリズムもOKということで。
そう、魔術は超能力だ!

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 12:08:19 ID:rqUnvbsO
ちなみに本来のスピリチュアリズムは超能力とは関係ないから。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 12:19:19 ID:g0oHtP9e
基本的に、型月やら茄子茸が扱ってる”魔術”は
魔術的超能力って言ってしまっていいと思うんだ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 12:58:27 ID:CCYQQPWD
ん?デルタ波に合わ・・
・・消されそうだから、いいや。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 20:05:11 ID:hnft4RWA
ちょっと期待。オカ板のほうの魔術スレは停滞感があるから。
こっちの方が自由に話せそう。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 20:58:04 ID:4Y0RDcyW
魔術、ロマンティストでないと出来ないんじゃ?
自分は理工系です
科学と想像を絶するテキストを読むと(釣られて某魔術関係書読みました)
これはなーだな



                               本物が板ら失礼ですが

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 21:30:34 ID:CXAQecrO
理工系であることと、ロマンティストである事が矛盾するという前提が間違っているとは思わんのかね?
職業が理系の学者だったり、エンジニアだったりする魔術師は掃いて捨てるほどいる訳だが。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 21:57:36 ID:fHMLu+ir
流派(?)にもよるけど、概して儀式魔術いうのはリクツっぽい。
むしろ理工系のほうが向いてるかもよ。

情緒を重視するのは、むしろウイッカン(魔女術)。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 22:05:45 ID:g0oHtP9e
>>9
君が読んだ書籍が何かは知らないけど
理工系だって浪漫がなきゃ何もできないと思うよ

宇宙の謎を解き明かす
ロボットを作る
生命の神秘を解明する
最も微細な物質の構成単位を操作しまくる
まさかそういったことが【ただの作業】とかいうわけ?w

モチベーションとかハートに関わるものは
文理問わず何かを成すには重要だと思うけど

従い、理工系でも魔術は実践可能です

言ってしまえば魔術って世界に変数を与えて
それを操作しようって体系でしょ
フィクションとかだとそれが超能力的に扱われるし
隠秘学だと学問的に扱われるだけ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 08:11:14 ID:YJRr5hUM
ロマンにもいろいろタイプがあるんじゃないか

理工系 化学系 水瓶座的ロマンティスト

魔術 オカルト系 魚座的ロマンティスト

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 10:39:10 ID:JYS8ELti
なるほど、興味深い指摘だw

じゃあ、超能力系ロマンも存在しうるんだろうか
だとしたらそれはどういうカタチをしているんだろ

魔術の定義では「意志のままに意識に変化を起こすすべである」
(by D.フォーチュン)っつーのがあるけど、超能力の場合は
「意志のままに現実に変化を起こすすべである」
とかになるんだろーか

でも、超能力って、どっちかっていうと制御できる力の方がまれで、
圧倒的かつ暴力的な力で、御しがたい変化を現実に巻き起こす
言ってみれば自然災害的な面も含んでいる気がする

だからもし超能力系ロマンがあるとしたらそれは
圧倒的で暴力的な非日常の力の発露であって
魔術的超能力はその暴走を(術式という手続きを踏んだ)意志の力で
(かろうじて)御しているところにロマンがあるのかも知れない・・・とか

チラ裏で失敬www


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 10:39:12 ID:kMBddtwe
魔術の超能力開発は。
オーラ視
幽体離脱
透視
念力はどういうわけか否定する人多いよね。他のESP系だって物理法則超えてるのは同じなのに。
魔術のスプーン曲げ訓練やるとしたらどうしたらいいだろう
中央の柱で生体エネルギー強化して、視覚化訓練でイメージを鮮明にできるようにするとかか。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 13:55:17 ID:pWt2NjLi
>>15
そもそも通常言われているスプーン曲げって超能力じゃなくて
指の力のコントロールだから、普通の魔術的なイメージコントロール
で出来るよ。

一切手を触れずにスプーン曲げをやる方法を
ぜひ魔術で開発してほしいな。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 16:37:45 ID:kMBddtwe
超能力的なスプーン曲げなら見つめるだけで曲げる奴いるだろ
(トリック除く)

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 18:40:56 ID:pJ4XtRp2
ある黒魔術師にうん十万円だして魔術をかけてもらったことがあるのだが、何ていうのだろう、漫画のような展開が訪れる。
力が備わるわけでもない、超常現象が起きるわけでもない、ただ、タイミングと因果の進む方向が、やばい。
色々な体験をしたが、その中のひとつをあげてみると、

海外。朝方に繁華街を歩いてみる気になる。横断歩道を渡っていると、スーツ姿の中年が声をかけてくる。
俺はどこだかわからない高級マンションのロビーにいる。イタリア人マフィアのようなその中年男の車に乗せられて
ここまで来たようだ。中年男性が部下のような男に、俺はフレンドだと言い聞かせている。
君のほくろが気に入ったんだ。今までも若い友達がいた。毎日を共に過ごし、今でも彼を懐かしく思う。
そんなことを車の中で俺に伝える。この国の移住権と、十分な職、生活に困らないだけの収入を約束する、
などと言ってくる。高級マンションでは、部下と人身売買を臭わせるような話をしていたのを思い出す。
俺は日本に帰り、やらなければいけないことがあると伝え、その男性のフレンドになるのを断り、近くの歩道で下ろしてもらう。
車が見えなくなるまで、軍隊のようにまっすぐと伸ばした手を額にあてがい、俺は彼に向かって敬礼する。

その直後、黒魔術師に電話をして、ことの成り行きを説明した。不用意に外出するな、今から新たな祈祷を始める、と告げられた。
その後、数ヶ月たった頃か、俺は別の術師と会った時に、その時施された術を解いてもらった。
と同時に別の術をかけられてしまったかもしれないが。
とりあえず、俺は、普通の人の生活は今後歩めない。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 19:21:18 ID:kr79/bgy
そんなもんだよ。魔術ってのはなんにせよ不可逆的だから覚悟がいるんだ

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 19:25:15 ID:5XPmdIgN
>>18
そんなことに、うん十万も使うなよw

魔術の力は、極端に「偶然」を操作するってよく聞くね。
現実ではありえないような偶然を多発させる。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 19:41:10 ID:pJ4XtRp2
>>20
なんていうのかな、他の体験も沢山したが、俺の意志でそのうん十万を一銭にもならない結末にした感じはある。
自分が都合よく、〜〜なんてことにはならないかな〜と夢に思ったりとか、そんなレベルじゃない想定外のイベントに遭遇するよね。
とりあえず、それらの魔力がもたらした好転?には屈しない自我に従うことにしたよ。
ただ、魔力がどういうものかは心得た気はする。
これは主観的に感じ得ない限り、言葉による状況伝達で他人に理解されるものじゃないだろうね。

ちなみに、術者も具体的に何が起こるかは予測できないのが実情に思う。
また、人によっては術者に術をかけてもらえるような状況にすら到達しないかもしれない。
また、くだらないパワーストーンを与えられたり、調合した薬品を身体に塗るように言われたりもしたが、
このあたりは、術者側としても半信半疑の実験的な試みだったと思う。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 19:49:23 ID:kr79/bgy
魔術で働きかけられるのはその偶然の部分だけだからね
そこが強烈な奴ってやっぱいるよ。ぐいと曲げる奴。よくも悪くも。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 20:11:57 ID:pJ4XtRp2
他の業界ではなんというのか、いわゆる顔パスみたいな、
「君はこの世界の人だね」というような雰囲気が出てる人とかあるよね。

ある人に、とある断食修行にコネで今すぐ参加できるように手配するとか言われたが、
未熟な俺には断ることしかできなかった。でも、もう、なるようになることなど無く、ならなければ不幸にしかならないかもしれない。
今といえば、その断食修行を薄めたような効率悪い瞑想生活が続いているようなものだ。

変なことを言うが、魔術って実は、あらかじめ押さえつけられた地球にぐるぐるまきになっている力を
自然に戻すというだけのことかもしれない。なんかもう、一般人には電波と言われてればそれでおk、な内容だよ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 23:47:08 ID:VOJiRU6o
タットワやってる方います?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 13:57:46 ID:BJ19uLZ5
なんか偶然を呼び寄せるって凄く良くわかる

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 19:11:21 ID:o7QSebEv
スプーン曲げの話は定番だよな

金属だと通常力が適切にかかれば曲がるのは物理的に当たり前
前どっかの過去スレにあったけど、スプーンは、ステンレスなどの金属でなく
ガラスか、瀬戸物(ファインセラミックの棒で結構)
これを現実に曲げてほしいですな

レス読んで、なるほど、なぜスプーンにコダワルか
事実上、曲がりやすい金属でないと無理なわけ
超能力じゃなくて、手品
魔術なら、確かに、離れていて(手を触れずに)
ファインセラミックの棒を割らずに90度まげてほしい




                   一部のセラミックスに曲げられる(成形可能)のはあるが例外

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 20:06:01 ID:om1bvZv5
だから見てるだけで曲げる超能力者の人もいるよ
(たしか前にマリックがやったのも見たこともある気がするから、それもトリックは考えられるんだろうけど)

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 21:00:42 ID:Z9oZxfey
念で切断した挙げ句裏返してくっつける人も
いたんじゃなかった?どっかのレストランに
サンプルが保存されてるとかなんとか。

あと、コーラのビン(ガラス瓶の時代)にぶっとい針金入れて
注ぎ口塞いだ状態で曲げる実験もTVでやってたな。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 22:12:14 ID:FEoagBRY
魔術ではないが、魔術モドキで(失礼を先にお詫び)近いところのうらないありますが、
BLOG有名人は、おおむねタロットカードで言うところの愚者、
もしくは魔術師とプロファイルしています
私の中では、占い師=魔術モドキ です

愚者:ロマンスを理想的に表現
魔術師:いわゆる魔術師 (世界の極一部をコントロールか)

この解釈だと思う

愚者が理想とするのがわからない
0番ははじまりの数字だから、生計を建てるなら魔術師(1番)とするのがベスト
すみません
素人の考え方でした

すでにちらっと調べたところ確定的な話でないが、
ヨーロッパ系・アメリカ系でおおきく異なるようだ

考え方の違いかね

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 22:28:48 ID:j3qNBEbf
理工系の人間は、世界を科学的にモデリングすることでこの世界を理解しようとするわけで、
モデリングすること自体は魔術と共通な行為だと思います
魔術の基本原則は、科学とは違います
魔術の本を読む限り、定義があり、派生する定理に相当するものはありますが、
万人に受けいられるだけの(科学的な)客観性に若干欠くことが示唆されると思います

ここまで書いて、100%否定するわけではありません
ないものの証明は出来ないし、人間としてロマンは、新たな発見とか、これは科学とも共通です
科学でも解決、証明できていないことはまだ沢山あるわけですから
魔術ももしかしてと思います
あるいは公開されていない奥義が(もしかすると)あると思うのも人情です

オカルトの類は(心霊写真など)、科学現象で現象として現されますが、
その先にある原因がなにかわからない場合
もあると思います
例 A(原因)→B(経路、光散乱の現象、物理現象として表象)→C(写真としてネガに焼き付いた)
この場合、Aが科学で説明がつく場合と、つかない場合がある
証明できないだけとする説もある(まだまだ深く探究することは世界にはあります)
魔術があるとすると、Aに相当する原因が、人間の力で自然界に対し
なんらかの科学的・物理的作用を行ったことになると思います
これは証明できないし、もしかしてと思うのが人情だと思います

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 22:42:39 ID:sd6AqTp7
魔術にしろ、他の同様な方法については
たぶんはまる人(自分を含めてか)は、自分の決まりきった人生を書き換えるtoolsとして
利用することを第一に考えるはず

人生、学生の頃から大人になると学歴・才能などで航路がほぼきまってしまう
その際うまくリスクを少なくして方向を変えられれば
(よほど先の先がみえる場合を除き)有意義な人生を送れるかも、、、、、

結果的には、これまでの自分の人生を振り返っても
ほぼ無理ぽい魔術よりもこまめに努力した方がかもと思う

話題提供ですが、最近 非常に参考になったネタにウィキの(フラグ)ストーリーがあります
適切な人生の位置でフラグをたてて、次のシーンに進むとハッピーエンド
いわゆるアドベンチャーゲームに似たやつです
逆に○亡フラグ/台詞もあるそうです

フラグ(立て)分岐ならもしかすると、toolsさえあれば、、、、、、
あわい期待ですか   魔術ってもしかすると 100%否定できないか(もしかして未練)

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 00:15:33 ID:mMChXyow
魔術の世界は外から理屈で考えてもわからないよ。
実践してナンボの世界だからね。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 18:09:46 ID:TNrYAnPL
だあああああああああ!!視覚化できねーーーーーー!!
タットワで残像残すやつを一日30分、3週間続けても相変わらず
残像残る時間が10秒ぐらいってなんだこれ!?俺には才能ないのか!?
誰かコツ教えて・・・

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 19:22:49 ID:a0hWgY1J
実践するにしても効能が高い費用対効果がテキメンに凄いのをチョイスするとおもいます
世間での評価人気もある 現時点では科学の方がベターだと

魔術の実践で効果があるとしても心の問題と醒めた見かたしてます
ただまじで魔術に効能があれば誰しも学問よりも熱が入るはず
魔術は自分の中では異質な感じ方かな

タロットカードをもちだすのは 不適切かわかりませんが
これは自らの心をコントロールして 深層意識を意図的に更新させる作用を引き出す
他人には作用されないが 自分の心の問題なら、、、、、、、、
のかと 魔術なら大きいところから小さいところまであるなら
小さいところの方が身近で親しみやすいです
心理学が対面なら タロットカード(魔術)は自らを見つめる
通常占い師なら自らを占うことはないといいますが、、、、、、、、

失礼だとは思いますが この意味では魔術に一理あるかなと
知っている範囲だけで判断するのは科学でもあまり意味ないです
知らない部分(オカルト)は本当に隠された存在だとすると ロマンがあります


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 20:18:12 ID:7VtlSR1X
>33
実際どうやればいいんだろうね
「西洋魔物図鑑」や博物館ページをみると、単にドア大の大きさのタットワに入り込めばいいみたいだけど、
他のだと、残像を大きくして、入り、さらにその色が戻り始めたら帰れとかよくわからん。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 22:23:04 ID:dvnYX49h
>>33,35
ttp://magicalgikolog.blog92.fc2.com/blog-entry-6.html
ttp://magicalgikolog.blog92.fc2.com/blog-entry-15.html



37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/20(木) 04:38:15 ID:u5paxwui
とりあえず呼吸法から始めてる

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 02:50:06 ID:2slVF2wA
魔術というか19世紀の物理霊媒達は凄まじい。

D.D.ホームのように空中浮揚(2Fまで!)を200回以上したり
エクトプラズムで霊を「実体化」させたり。

トリックかもしれんが、証明されてない事例も幾つもある。

彼らと比べると、単に電波を口にするだけでいい現代の霊能者達は
なんて安直な芸なんだろうと思う。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 11:43:18 ID:SpXxZZlJ
まぁなんてゆーか、現代だとあっちゅーまに検証されて
瞬殺でインチキ認定され再起不能がみえちゃうからじゃね?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 12:55:37 ID:rYYa3GJB
せっかく超能力板に立てたスレなんだからここは積極的に物理的な作用とかを求めていく方向がいいな。
ESP的現象だけでも物理法則超えてんのはいっしょなんだし、初めからできないとおもってたら自分でブレーキかけちゃうだろ。
否定派はオカ板でどうぞ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 16:27:16 ID:XFJIkOh1
>>40
野暮を承知で・・・

> ESP的現象だけでも物理法則超えてんのはいっしょなんだし、

ESP的現象なら飽きる程体験しているが「物理法則を超えている」
と思わざるを得ないようなケースは、正直1つも無かったな。
若い頃はそういう可能性についても真剣に考えていたけどね。

一応物理的現象が起こったケースについても、間に人の手が介在しているから、
物理法則を超えた何かよりは、生理的・心理的要因を考えた方が
スッキリ説明できるケースばかり。
(勿論、物理法則を超えた何かが関与している可能性も0%ではないが・・・)

以上、個人的な体験に基づく意見でした。ではオカ板に帰ります。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 17:22:32 ID:rYYa3GJB
どんなESP現象だったのかは知らんが情報得てたり他人と共有してたりしてたら
物理的にはアウトだろ。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 17:48:54 ID:XFJIkOh1
>>42
その程度なら物理現象を超えてるって程でもない、と個人的には思ってる。
目に見える範囲に居るとか事前にある程度情報を共有している位の条件なら、
意識的或いは無意識の抜け道は山程ある。

全く無関係で物理的にも完全に隔たれた人の間でそれが起これば話は違うが、
超心理学の実験でも、そこまで厳密な環境でESPが成立した、
という事例は無かったと思う。

有名なノーチラス号の実験結果はガセだと言われている。
http://homepage1.nifty.com/you/k2_tyo.htm#%83e%83%8C%83p%83V%81[%81i%8AC%8CR%81j

是非とも、魔術においても効果を厳密に検証して欲しいなあ、というのが漏れの希望。
余計な事かもしれないが、是非とも説得力のある結果を出して欲しいので、
このスレの趣旨には合わないとは思うが、敢えて希望を出してみた。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 19:29:06 ID:rYYa3GJB
>>43
目に見える範囲とか事前にある程度情報を共有してるなら認めるというのがわからん

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 19:36:10 ID:rYYa3GJB
違った。物理法則を超えた知覚などそもそも物理では認められてないので、
なにを知ろうが一致しようが、物理的にはすべて偶然の一致以上のものではありえない。
じゃあ物理以外でそれをどう解釈するかということだけど、
「目に見える範囲に居るとか事前にある程度情報を共有している位の条件なら、
意識的或いは無意識の抜け道は山程ある。」
というのも結局仮定以上のものではなく、単にそれくらいならありそうだから信じる、ということでしょう


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 19:55:59 ID:XFJIkOh1
>>44
認めるとは書いてないけど、判りにくかったと思うのでもう少し具体的に書いてみる。

人間の感覚って結構膨大な情報をキャッチしている。
例えば、何気ない仕草とか声色とか微妙な表情の変化とかに
その人が何を考えているのか、という情報が微妙に含まれる。
その情報の大半は脳のオーバーフローを避けるために意識上にはなかなか
上がってこないが、特に長年付き合いのある人同士、例えば仲の良い
夫婦なんかだと何も言わずに情報が伝わってしまうことがある。

情報共有の例だと、魔術結社の共同アストラルワークなんかかな。
出発点と象徴体系がある程度定まっているから、
相性の良い人同士ならある程度連想の枠組みが決まっているので、
離れていても同じような場面展開になる事は
それほど不思議なことでは無いと思う。

心理学の集団セッションにおける幻視の共通体験なんかは
この2つの要素が絡み合ったものだと思う。

という考え方なので物理的に説明できないケースってのは
結構条件が厳しいと思っている。

47 :43:2007/09/24(月) 20:23:48 ID:XFJIkOh1
漏れが経験した事柄をすべて>>46のような考え方で
スッキリ説明できるか、というと必ずしもそうではないが、
物理法則を超えているかと言われると、そうとも言い切れない。

暇があったら4例ほど書き込んでみようとは思う。

とりあえず、アメリカ人の友人から聞いた微妙な例
で締めくくっておこう。

「海岸でよ、火星の霊の召喚したんだ。そしたら、
 何と五芒星を付けた奴が目の前に現れやがった。

 『こら!お前らナニやってる?!』

 ってポリ公がやってきやがったのさ。
 五芒星の印を付けた帽子を被ってね。HAHAHA!」

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 20:17:19 ID:m0Hvk5WD
>>40
心身相関ってあるじゃん
例えば、医者に薬だといって患者に小麦粉を飲ませるとほんとに治るみたいなやつ
魔術を学んでる者からすればあれは物理的に分りやすい魔術だと思うけどねー

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 22:08:16 ID:ETHPZ5BE
初歩向けの心理学の本で(とんでも本でないなら 専門家でないし)潜在意識をとあった
人間の心を3階層にわけ、心理的・精神的作用を説明するためにモデルとした
微妙に引用すると
認識/心=自我/エゴ+(潜在意識+超意識)
説明するためにモデルを組んで超意識が認識していると説明するのはちょっとかな

魔術があることが前提なら極めて少数だけでなく大部分の人間、大多数が使えるはずでそのような世界は
必然的に破綻を来すのではないかと(世界として成り立たない)

魔術のHPを参照してみるとコンピュータの構造、オペレーティングシステム(OS)の構造を勉強する
ために参考図書として掲載されているところがある(複数、興味ある人はググ)
魔術があることが前提でいくつかの仮定が入るが(証明できないはず)、ユーザーランドから
(プログラムがOSの)特権命令(スーパーバイザー)を限定的ではあるにしても取り扱えるということ
映画マトリックス3部作は何度も見直しました 私にとっては衝撃的な映画でした
あの世界の構成ならありえるかも(現実的ではありません 映画の世界ですが)
魔術スレ的には仮説的な例示を挙げるには映画を引用するのもよいと思うが
廃魔術的にはプログラムから発行するシステムコールはイレギュラーな ほぼバッファーオーバーラン的取扱いとかになる?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 11:35:24 ID:nTBNe2VP
オカ板のとあるスレで、実況に近い形でなにやらやっているようだが、この板的にはどうなんだ?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 14:47:15 ID:L6t+AET3
そのスレどれか全くわからんが
オカ板は昔から恐怖スポット潜入実況スレや
それを利用した釣り師ネタなんかも盛んだし
あまりに消費早いとか、度をこえなければいいんじゃないの

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 20:17:12 ID:Bbjg4MKS
で魔術によるPK開発法はまだー


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 21:05:17 ID:XXgSpeP6
保守

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 19:13:54 ID:10N0IGwA
魔術に出来るのはPKよりもESPの方だろうね。心の力。
アストラルプロジェクションが出来るようになると、付属していろいろついてくるみたい。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 21:20:41 ID:aT5Tx+Tn
私は仙術師ですが、使えるのはベホイミ位ですね・・・。
先輩は、悟りを開いたのでベホマも使えるそうです。

あ、ここは西洋魔法か・・・。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 22:08:17 ID:oAkKvKzX
オカ板の魔術スレでは、ラノベ的なのは超能力板って意見もあったから、
ある程度は東洋魔術も混ぜても大丈夫なんじゃないの?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 19:47:55 ID:rs5s8aJt
タロットカードの幻視というのを実践したことがある。
92年のことだが国書刊行会からでていた「トートの書」に掲載していた{技}のカード

馬の映像と財団法人というキーワードが得られたが、当時はどういう意味だか解らなかった 
しばらくたって海外投資の情報を得られるようになってから「財団を設立して資産保護」という
ちょうど必要な情報を偶然得ることができた そのコンサルタントの事務所のマークが
「馬のマーク」だった

まあ信じる信じないはともかく、幻視が効果を現した一例だと思える

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/12(金) 22:02:04 ID:aLObCBkR
トートは幻視にいいねぇ

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 08:45:18 ID:Gdj4HFb/
社会的な肩書きがありながら、魔術系にも詳しければGJ

でも現実的に歴史上のほとんど全ての統治者が白にせよ黒にせよそうゆう物の信仰があった。
だから寺と神社がある。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 02:47:39 ID:cBZG7D0N
普段はただのサラリーマンだが、実は裏では熟練の術士、という設定にも萌える

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 11:50:29 ID:M/+R0C0x
それなんて邪気眼なんだぜ?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 19:15:29 ID:7Eh0+nOj
「AIKI」の師匠がそんな感じだった

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 05:38:31 ID:RyD38a1d
>>57
それ、普通にArtのサジタウルスから馬を連想したんじゃないの?星座照応で。

ってか、普通に偶然の範囲内の話しな気もする。

でも、馬の象徴性と投資への推進力は関係あるんだろうね。

そういうことがあるとこれが記憶にも残るし。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 05:39:19 ID:RyD38a1d
ってか、だれもカバラの話とか実践的な話ししてないじゃん

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 03:30:22 ID:8xy9vu7M
タロット大学のカバラー講座ってどんなもんでしょ

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 16:42:08 ID:n1jGsQ/Y
NHKで明治の超能力実験の話を放送するお
http://www.nhk.or.jp/shiruraku/200711/thurseday.html

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 16:22:32 ID:cWhv5hR1
俺もカバラの本読んでるけどさ〜〜〜〜
ホイミとか、キアリーとか、トヘロスとか、召喚とかも、ど〜でもい〜んだよッ!!!!
ギラ教えろボケッ!!!!
ギラ出来ないなら魔術意味ねww!!!!

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 14:30:36 ID:ZwQw4Uwu
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/ihou/1094566584/

69 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/11/13(火) 20:18:24 ID:5BTsK7T+
ゴメンンサイ・・・。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 22:49:09 ID:EJiJT9DP
松本:
うん。自分の理性で、意志を持って戦ったのは太田さんが初めてだった。それまでのは、
やっぱり頼まれ仕事だったから…、それほど、何ていうのかな、自分の意志みたいなものまでは
出なくて。とりあえず本当に売れんのかなっていう不安もあったしね。だから腰を据えて、
よしっ、戦うぞっていう意志を持って戦ったのは太田さんだった。で、
試行錯誤が3枚あったのかな? 「雨だれ」「たんぽぽ」「夕焼け」ってね。
これ試行錯誤なんですよ、僕のなかでは。ある程度セールスしたから、良かったんだけど。
やっぱり本気で、何ていうかな、自分の世界みたいなのを構築しだしたのが
「木綿のハンカチーフ」が入っている「心が風邪を引いた日」というアルバムだった。
それが売れちゃったんで、あとはもう、凄く、何ていうのかな、戦いやすくなったっていう。
今野:
そうすると、松本さんの作詞家としての本当の出発点っていうのは太田さん?
松本:
そうですね、スタートラインだし。

今野:
当時は僕、よく分からなかったんですけど、例えばこの『まごころ』なんかはですね、
普通“作詩・松本隆”になってるのが“構成・松本隆/音楽・筒美京平”なんですよね。

松本:
知らないなあ(笑)

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/hiromiohta/interview.html

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 00:31:34 ID:ahcjb8nB
やっぱりとにかく松本なんだ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 16:44:21 ID:dZro97hc
30歳まで童貞でいれば魔法が使えるんだろ!?
頑張ってみるぜ(-V-)b

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 16:05:43 ID:5NOmJTHx
テス

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 15:06:40 ID:WZJMSIDO
ダイアンフォーチュンの「神秘のカバラー」を再読している。
7年前に最初に読んだ時とは比べものにならないほど、細かい部分が頭に入ってくる。
前は生命の樹の10個のセフィロートの名前と位置を覚えるだけでもおぼつかない状態だったのが、
今回は以前読んだ記憶がすっかり抜け落ちていたにも関わらず、22の小径についても
覚えられるようになったし、細かい記述の一つ一つにも重要な意味があるものとして注意を
払って読めるようになってきた。
そして読み始めてからいろいろと起こるようになった。
まず第一部を読み終わってから6年ぶりに風邪を引いた。
そして風邪のプロセスを薬に頼らずにわずか4日で経過することができた。

第二部のケテルを読み終わった翌日、なぜか急に厭世観のようなものに捕らわれて
破滅的な願望に取り憑かれる一夜を過ごした。そして、翌朝目覚めた時にはなぜか
大きなハエが部屋の中でブンブンとうるさく飛び回っていた。
すぐに窓を開けてそのハエを逃がしてやった。
夜は寒く窓は閉め切っているので夜中のうちに大きなハエが入ってくる余地は全くない。
ハエはベルゼブブ・魔界の王の象徴であり、映画「グリーンマイル」でも悪に取り憑かれた男が
口から大量のハエを吐き出すシーンがあったように、僕の中の破滅的な悪意もハエの形で
出てきたのかもしれない。
「神秘のカバラー」はこのように、心身の浄化の過程を経ながら読み進めるべき本なのだろうと思う。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 15:15:12 ID:lXO8G8OY
偶然開いたら似たような事を経験してる人がいて驚いた・・・

俺の場合は別の本の修行法を試してた時なのだが閉め切った部屋の中に
なぜかナメクジが入ってた事があった
殺すのも気持ち悪かったので外に逃がしたのだが次の日の晩もナメクジが侵入してた
一回目の時に部屋中確かめたからどう考えても入る余地があると思えないのだが
二晩続けて入ってたから気味が悪くなってその修行法はやめてしまった

ただ>>74を読んで思い当たるフシがあったので少し心身浄化の事を考えつつ
機会があったらまた試してみようかな


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 11:03:22 ID:Tvdi7Fn5
すごい。頑張ってほしい。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 23:48:15 ID:yNhK0o7w
>>18
僕もそんな黒魔術師になりたい。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 00:37:30 ID:G6eLpaZf
…で
魔術とか全然解らない素人の私が修行したいとなると、何をしたらいいのか?

教えてえろい人

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 12:20:22 ID:x/Lm9bG6
>>77
黒魔術、なんてフレーズに何の疑問も抱かない時点で既に道を誤っているから。

>>78
弛緩、四拍呼吸、視覚化の練習はどんな流派でも最初にやる訓練。
とりあえず、アマゾンで参考書を買え。

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)